腰が痛いときにはトレーニングOK?

こんにちは!E.V.Oパーソナルトレーニングジム吹上店の木村です!

今週に入り、一気に寒くなりましたね🍃体調にはお気をつけくださいね!

今回は腰に痛みがあるときにトレーニングをしても良いのか?というお話をさせていただきます。

まず、腰痛について。

腰痛にはいろいろな種類がありますがトレーニングをしていると起こしやすいのが筋筋膜性腰痛と呼ばれるものでこれはわかりやすく言うと腰に疲労がたまった状態です。

腰に疲労がたまる原因は様々ですが、オーバートレーニングやストレッチ不足などがよくある原因です。

そして、日常の姿勢が悪いと起こりやすいのがヘルニアや脊柱管狭窄症と呼ばれる腰痛です。

これらの腰痛は痛みの強さが日によって違ったり、体を動かす方向によって痛みが出なかったりすることがあります。

さて、このような腰痛の場合はまず痛みがどの動きを行うと出てしまうのかがポイントです💡

腰痛の種類によって体を丸めると痛みが出るときもあれば、反対に反ると痛みが出る場合、何もしていなくても重い痛みがある場合など様々です。

まず、何もしてなくても痛みがある場合はトレーニングは控えるかストレッチを多く行っていただくのがオススメです。もしくは腰に負担のかからない種目に変更していくのも良いです。(スクワットやデッドリフトなどはNG)

特定の動きをすると痛みがある場合はその動きを行わないようにすることで腰痛の悪化を防ぐことができます。

大前提として、痛みがあるうちは無理にやらないということが大切です!

痛みがあればその分トレーニングの質も落ちますし、無理にトレーニングをすることで腰痛が悪化したり長引いたりしてしまいます。

効率の良いトレーニングを行うためには適切な休養も必要ですのでそのことも忘れずに!

そして、不安なことは担当のトレーナーに確認するようにしていきましょう!✨

この記事を書いた人

吹上店

Yuta Kimura

●NESTA 認定パーソナルトレーナー
●NESTA フィットネスニュートリションスペシャリスト
●ファスティングマイスター2級

●愛知淑徳大学健康医療科学部スポーツ健康医科学科

学生時代より、トレーナーとしての活動を行い
卒業後は愛知県内で広く展開しているスポーツクラブへ就職。
トレーナーとしてお客様へのボディメイク、姿勢改善、生活の質の向上などを指導するだけでなく、マネージャーとして社内のトレーナー育成にも携わりました。
その後はパーソナルジムへ就職し、自分のスキルを高めつつこれまで1,000名以上のお客様の健康作りに関わってまいりました。
目的達成はもちろんさらに人生が豊かになるようなご提案をさせていただきます!

記事一覧へ