シェイプアップに必要なのは筋トレ?有酸素?

名古屋パーソナルトレーニングジムE.V.O泉店の佐野です。

痩せたいからとにかく有酸素!という言葉をよく聞きます。本当にそれが正解なのでしょうか。

シェイプアップ・ダイエットには食事制限が非常に重要ですが、健康的に美しく減量するためには適度な運動も必要です。

しかし運動といっても、筋トレなどの無酸素運動やジョギングなどの有酸素運動があり、どちらが脂肪燃焼に効果的なのかよくわかりませんよね。

そこで今回は、脂肪燃焼に効果的な運動をご紹介します。

無酸素運動とは、短距離走や筋トレなど短い時間で大きな力を必要とする運動の事です。酸素ではなく糖をエネルギーとして使い乳酸を生成するので、短時間で疲れやすく強度の高い運動が持続できる時間は1~3分程度です。無酸素運動は筋肉や血液中に貯蔵されている糖をエネルギーにしているため、短時間で疲れてしまいます。

そのためかなりハードなトレーニングをしない限り、運動中の消費カロリーはあまり多くありません。しかし基礎代謝の50%以上を全身の筋肉で消費しているので、筋肉を鍛えられる無酸素運動はダイエットに効果的となります。基礎代謝が上がると脂肪を燃焼しやすく、減量後もリバウンドしにくい体になる事が可能です。

また筋トレは鍛えた直後から代謝があがり、その効果は約48時間続くという研究結果もあるようです。これを「アフターバーン」と言い、結果的に有酸素運動よりもカロリーを消費している場合もあります。

一般的な無酸素運動の種類は以下の通りです。

・筋トレ(腕立て伏せ・スクワット・腹筋)

・全力疾走

・ウエイトトレーニング(ダンベル・重量挙げ)

有酸素運動とは、ジョギングやウォーキングなど規則的に繰り返し長時間行える運動の事を言います。体内に取り入れた酸素で脂肪と糖をエネルギーに変換するので、脂肪燃焼効果が高くダイエットの定番とも言える運動です。

有酸素運動は長時間続けやすく、脂肪や糖をエネルギーとするので続ければダイエット効果があります。血液中の糖質も使用されますが、一定以上の時間運動すると体内に蓄えられている脂肪もエネルギーとして使われます。その時間が20分とされているので、有酸素運動は20分以上続けないと意味がないと言われる事もあります。

しかし実際には「糖質よりも脂肪が多く使われ始める目安が20分」なので、運動開始後から脂肪もエネルギーとして使われています。

一般的な有酸素運動は、以下の通りです。

・ジョギング

・ウォーキング

・エアロビクス

・サイクリング

・水泳

無酸素運動と有酸素運動の役割をお話しましたが、結論シェイプアップにはこの2つを組み合わせる事が効果的です。

もちろんどちらか一方でもをする事はできますが、時間がかかる事や効果が不十分という事になりかねません。無酸素運動自体は、直接体脂肪を燃やすわけではないので数字として効果が実感し辛く、有酸素運動だけで減量するには非現実的な運動量が必要です。

筋トレなどの無酸素運動で分泌される「成長ホルモン」には、代謝を高め脂肪を燃焼させる効果があります。そのため有酸素運動の前に無酸素運動をする事により、成長ホルモンが分泌されて有酸素運動の脂肪燃焼効果が上がるので効果的でおすすめです。

この記事を書いた人

泉店

Michi Sano

●NPCJ men’s physique 名古屋大会優勝

●ボディメイク、筋膜リリースストレッチ

●洋画ワイルドスピードをみてから強い男になりたいと思いトレーニングを始める。
トレーニングを始めて体がだんだん変わりそれと同時に内面も強くなっていく事に楽しみを覚えた。
そしてボディメイクの大会で優勝。
たくさんの人に心も体も健康になってもらいたいです。
人によって目的・目標は様々です。お客様一人一人のニーズにあったトレーニング・食事管理を指導させて頂きます。

記事一覧へ